先端材料

速焼炉

LS 25/13

焼成カーブ LS 12/13とLS 25/13

LS 12/13とLS 25/13

典型的な速焼プロセスから最高焼成温度1300 °Cまでのシミュレーションにはこの速焼炉が最適です。性能の高さ、低減な熱量、効率の高い冷却送風の組合わせによって冷却時から冷却時への周期をオーブン開口時約300 ℃で約35分にまで短縮することができます。

  • 最高温度1300 °C
  • 非常にコンパクトな本体設計
  • セラミック製の管状キャリア上に置かれるワーク
  • 炉床と炉天井からの加熱
  • 2ゾーン式調整、炉床と炉天井は別々に調整可能
  • 内臓冷却ファン、炉の冷却を含めワークの冷却タイムの短縮をプログラムできます
  • 約20mmの上蓋隙間のプログラミング可能、冷却ファンのスイッチを入れない場合の冷却促進のため
  • 上部と下部のゾーンにS熱電対 PtRh-Pt
  • キャスター式の容易な炉の移動
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録
型式最高温度炉内寸法 mm容量外形寸法 mm加熱能力電源重量
 °C奥行き高さ(リットル)奥行き高さkW1接続*(kg)
LS 12/131300350350401260080098515三相130
LS 25/13130050050010025750985115022三相160
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧については77ページを参照
 

温度勾配炉または連続炉

GR 1300/13S

追加装備としての第二扉付きGR 1300/13の炉室

GR 1300/13

温度勾配炉 GR 1300/13 の炉室は長手方向で六等分の制御ゾーンに区分けされています。6 ゾーンの温度は各々個別に制御可能です。炉の装入は通常、側面に配備された平行開閉式スイングドアから行います。長さ 1300 mm の加熱空間において最高 400 ℃ の温度勾配を安定して制御できます。ご要望によっては、連続炉として製造し、対向面にセカンドドアを装備して提供します。一緒にお送りしますファイバーセパレーターの使用の際は、蓋を開けた上側からチャージしてください。

  • 最高温度1300 °C
  • 加熱部の長さ1300 mm
  • 発熱体は管状キャリア上に装填、炉室の直接熱放射
  • 上方あるいは正面の平行開閉式スイングドアからチャージ
  • 緩衝器により補助される上部蓋の開閉
  • 6ゾーン式調整
  • 各6加熱ゾーンの個々の調整(各160mm長)
  • 400 °Cからの加熱部の全長に渉る温度勾配
  • チャンバー 6 室をファイバー材で分離
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

付属装置

  • 最高 10 の制御ゾーン
  • 連続炉として使用する場合には平行開閉式スイングドアをセカンドドアとして装備
  • 水平タイプではなく、垂直タイプの連続炉
  • 監視、記録、制御用にVCDソフトウェアパケットでプロセス制御と記録
型式最高温度炉内寸法 mm外形寸法 mm加熱能力電源重量
 °C奥行き高さ奥行き高さkW1接続*(kg)
GR 1300/1313001300100601660740134518三相300
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧については77ページを参照
 

チャンバー炉レンガ断熱式/ファイバー断熱式

チャンバー炉LH 15/12 レンガ断熱 LH 120/12SW 熱灼減量測定のための計量装置付き

冷却キャップと連動する冷却ファンが冷却時間を短縮します

LH 120/12、クオーツガラス製プロセスケース装備

大気中脱バインダー用 LH 60/13 DB50

LH60/12、手動リフトドアおよび不燃性の保護ガス反応ガス用ガスパージケース付き

LH 15/ 12~LF 120/14

チャンバー炉LH 15/12~LF 120/14は多年にわたり、プロフェッショナルチャンバー炉として実験室でその性能を実証してきています。このチャンバー炉には堅牢な軽量耐火性レンガによる断熱(LH型)と、軽量耐火性レンガのコーナーと熱保存性が低く冷却速度の早いファイバー断熱の組合わせによるコンビ式断熱(LF型)があり、そのどちらかの選択が可能です。これらのチャンバー炉は、要求されるプロセスにとって最適の設計を広範な追加装備によって実現します。

  • 最高温度1200 °C、1300 °C、または1400 °C
  • 背面換気式の二重壁ケーシング構造により、低い外壁温
  • 5面加熱式による優れた温度均一化
  • 管状キャリアに装填された発熱体による直接放射、高度の耐久性
  • コントローラーは炉の扉につるされており、取り外して操作が可能です
  • 炉床に嵌めこまれたシリコンカーバイトボードによる底面加熱とワークの積み重ねの保護
  • LH型:軽ファイバーなしで軽量耐火レンガと特殊背面断熱による多層断熱
  • LF型:高品質の分類されないファイバー断熱+耐火レンガ断熱のコーナー、冷却時間と加熱時間の短縮
  • 一品製作仕上げのレンガ層断熱の密閉式扉
  • 高度の電気容量による短期の昇温時間
  • 排気管とバイパス接続された側面の蒸気放出
  • 自重を支える天井アーチ構造の高度の安定性と、塵埃からの最良の保護
  • クイックロックドア
  • 段階なしに調節可能の炉床のスリット
  • 架台を含む商品構成
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

付属装置

  • 平行スイング扉、高温のチャンバー炉開閉時にオペレーターを保護
  • 電子リニア式上下スライド扉
  • 壁キャビネット、または縦型キャビネットの別個のスイッチ装置
  • モーター駆動の排気ハッチ
  • 冷却ファンは作業の周期を短縮
  • 炉洗浄のための不燃性の保護および反応ガス用の保護ガス接続
  • 高度な洗浄空間のためのクオーツガラス製プロセスケース、クオーツガラス外装ドアは蓋として機能
  • 手動式、または自動式ガス化システム
  • 熱灼減量測定のための測定装置
  • 60リットルまで安全構想付き脱バインダー装備
  • VCDソフトウエアセットによるプロセス制御またはナーバテルム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
型式最高温度炉内寸法 mm容量
(リット外形寸法 mm加熱能力電源重量
 °C奥行き高さル)奥行き高さkW2接続*(kg)
LH 15/1212002502502501568086012155.0三相1170
LH 30/1212003203203203070093012857.0三相1200
LH 60/12120040040040060780107013658.0三相300
LH 120/1212005005005001208801170146512.0三相410
LH 216/1212006006006002169801270156520,0三相460
            
LH 15/1313002502502501568086012157.0三相1170
LH 30/1313003203203203070093012858.0三相1200
LH 60/131300400400400607801070136511.0三相300
LH 120/1313005005005001208801170146515.0三相410
LH 216/1313006006006002169801270156522,0三相460
            
LH 15/1414002502502501568086012158.0三相1170
LH 30/14140032032032030700930128510.0三相1200
LH 60/141400400400400607801070136512.0三相300
LH 120/1414005005005001208801170146518.0三相410
LH 216/1414006006006002169801270156526,0三相460
            
LF 15/1313002502502501568086012157.0三相1170
LF 30/1313003203203203070093012858.0三相1200
LF 60/131300400400400607801070136511.0三相300
LF 120/1313005005005001208801170146515.0三相410
            
LF 15/1414002502502501568086012158.0三相1170
LF 30/14140032032032030700930128510.0三相1200
LF 60/141400400400400607801070136512.0三相300
LF 120/1414005005005001208801170146518.0三相410
1三相のうち二相が加熱用 *接続電圧については77ページを参照
2接続負荷は仕様によって上昇
 

高温炉リフトボトム型 最高温度1700 °C

LHT 16/17 LB LHT 02/17 LB型、積み重ね可能の試料容器付き

電動移動型テーブル

試料容器は積み重ね可能

LHT/LB

電動式リフトテーブルはLHT/LB高温炉へのワーク装入をとりわけ容易にします。円筒状の炉室の全周加熱により、理想的な温度均一化ができます。LHT 02/17 LB 型では、技術セラミック製の試料容器にワークを置きます。また試料容器が三段に重ねられ、高い生産性を発揮します。LHT 16/17 LB型のサイズは生産現場にも対応します。

  • 最高温度1700  °C
  • 高品質の二珪化モリブデンからなる発熱体
  • 高品質のファイバー材で内装された炉室
  • 炉室の全周加熱による優れた温度均一化
  • 炉室は2または16リットルの内容積、広いテーブル面
  • 下段のチャージ容器の下部の空気循環を向上させる炉台取付けのスペーサー
  • テーブル面の精密な電気軸心駆動、キーボード操作
  • ステンレス圧延板の本体
  • 炉天井の排気孔
  • S熱電対
  • スイッチ装置、サイリスター付き
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録

付属装置

  • 過温遮断設定可能の温度制御器、EN 60519-2の熱保護クラス2準拠、炉とワークの過熱保護
  • 試料容器は3段まで積み重ね搬入可能
  • 炉洗浄のための不燃性の保護および反応ガス用の保護ガス接続
  • 手動および自動ガスパージシステム
  • 床面の調整可能のスリット
  • 監視、記録、制御用にVCDソフトウェアパケットでプロセス制御と記録
型式最高温度炉内寸法 mm内容積外形寸法 mm加熱能力電源重量
 °C直径HL奥行き高さkW1接続*kg
LHT 02/17 LB1700Ø 12013025406107402,9単相85
LHT 16/17 LB1700Ø 260260166501250198012,0三相410
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧については77ページを参照
 

熱損失量測定のための計量器付き高温炉と熱重量分析

LHT 04/16 SW型 熱損失量測定のための計量器とガス化システム付き

温度変化と熱灼減量をPCに記録するソフトウェア

LHT 04/16 SWとLHT 04/17 SW

特別ラボラトリーにおける熱損失量測定と熱重量分析(TGA)のためにこの高温炉が開発されました。総合システムは、1600 °C または1750 °Cの高温炉、台型テーブル、炉内測定の精密計量器、および時間内での温度変化の進行と重量損失を記録する高性能のソフトウェアからなります。

  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録
型式最高温度炉内寸法 mm容量
(リット外形寸法 mm加熱能力電源重量昇温
 °C奥行き高さル)奥行き高さkW3接続*(kg)時間 分2
LHT 04/16 SW160015015015046553708905,0三相18525
LHT 04/17 SW175015015015046553708905,0三相18540
1三相のうち二相が加熱用 *接続電圧については77ページを参照
2230 V 1/N/PE または 400 V 3/N/PEに接続する場合3接続負荷は仕様によって上昇