先端材料

ワイヤーヒーター付き台車炉、最高温度 1400 ℃ 脱バインダーおよび焼結をワンプロセスで行なうコンビネーション炉または不活性脱バインダーのためのガスパージケースとしても応用可能

W 1500/H 台車加熱を行なわずに溶解用に予備加熱する台車炉 W 2060/S

短いプロセスタイム向けのファイバー断熱および蛇行型発熱体

ソーラー産業用溶融ルツボのうわぐすり処理用台車炉 W 3300

解離パッケージと触媒作用によるアフタバーナ付W 2200/14 DB200

クオーツガラスの焼きなまし用 W 8250/S

3部構成ワゴン付きW 7500

IDB仕様の台車式炉、不燃性の保護ガス反応ガス雰囲気下での脱バインダ・焼結ガス用パージケース付き

W 1000 ~ W 10000/14、W 1000/DB ~ W 10000/14DB

台車炉は製造工程におけるか焼、焼結あるいは焼きなまし処理に多くの利点を備えています。炉の外側で台車に装入できます。複数の台車を使用する場合は、一台が炉に入った状態で、他の一台にチャージできます。温度分布を最適化する複数ゾーン制御や、プロセス時間を短縮する冷却制御、台車の駆動や交換の自動化装置等、有益なアクセサリーを装備することで、台車炉は製造プロセスに完璧に適応します。脱バインダー装備を加えると、脱バインダーと焼結をワンプロセスで行なうコンビネーション炉としても使用できます。

  • 最高温度: 1280 、1340 または 1400
  • 背面換気式の二重壁ケーシング構造により、低い外壁温
  • 右開きドア
  • 四面全てと台車からの五面加熱により、最適な温度均一性
  • 台車走入時のブレード接触によって電圧が入る台車加熱
  • サポートチューブに巻いた発熱体により、自由な熱放射と電熱線の長寿命
  • 炉床ヒーターが台車上の SiC プレートで防護されているため、水平積載が可能
  • 軽量耐火レンガおよび特殊背面断熱による複層断熱
  • セルフサポート型で、長寿命の天井構造。最高温度1340 の機種はレンガ積み構造
  • 最高温度 1400 機種の天井は高品質ファイバー材を採用
  • 自由に移動可能なワゴン炉W 3300までゴムタイヤ付き
  • 流入空気用スライドは調整可能
  • 炉天井に配備された手動式排気ハッチ
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視(熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録

追加装備

  • 短い昇温時間が要求される用途向けのファイバー断熱、蛇行型発熱体との接続にも
  • 高重量或いは複雑構造の焼結ワークの装入を容易且つ正確に行なうフランジ付きホイールを装備したレール走行型台車
  • 高重量物を容易に走行させるためのレール走行型スキッドチェンの電動駆動装置
  • 回転ラック駆動装置の採用により、炉前方へのレール敷設は不要
  • 台車設備の多様な拡充方策:
    • 追加台車
    • 待機線路を備えたレール駆動タイプで台車交換や複数炉を結合する台車移動システム
    • 台車および横断移動装置用の駆動モーター
    • 台車交換の完全自動制御
  • 電動油圧式リフトドア
  • 燃焼補助材用設備
  • モーター駆動の排気ハッチ
  • 周期制御された放熱ファンと電動式排気ハッチによるコントロールされないか、コントロールされた冷却システム。
  • 炉の機種に合わせて温度均一性を最適化する複数ゾーン制御
  • IDB仕様、不燃性の保護ガス雰囲気下での脱バインダーのガスパージシステムと安全技術
  • プロセス最適化に向けて、試験材料 (ワークも可) を使って温度均一性計測を行なう試運転調整
  • 安全構想
  • 熱または触媒方式の排気浄化システムは
  • VCDソフトウエアセットによるプロセス制御またはナーバテルム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
機種最高温度 炉室内寸 (mm)容量外寸 (mm)加熱能力電気重量
 奥行き高さ(リットル)奥行き高さkW1接続*(kg)
W 100012808001600800100014702410191557三相3000
W 150012809001900900150015702710203075三相3500
W 220012801000220010002200167030102140110三相4500
W 330012801000280012003300167036102355140三相5300
W 500012801000360014005000167044102555185三相7300
W 750012801000540014007500167062102555235三相10300
W 10000128010007100140010000167079102555300三相12500
            
W 1000/H13408001600800100014702410191575三相3500
W 1500/H134090019009001500157027102030110三相4000
W 2200/H13401000220010002200167030102140140三相5000
W 3300/H13401000280012003300167036102355185三相6000
W 5000/H13401000360014005000167044102555235三相8000
W 7500/H13401000540014007500167062102555370三相11300
W 10000/H134010007100140010000167079102555440三相13800
            
W 1000/1414008001600800100014702410191575三相3300
W 1500/14140090019009001500157027102030110三相3800
W 2200/1414001000220010002200167030102140140三相4800
W 3300/1414001000280012003300167036102355185三相5700
W 5000/1414001000360014005000167044102555235三相7700
W 7500/1414001000540014007500167062102555370三相10900
W 10000/14140010007100140010000167079102555440三相13300
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧については77ページを参照
 

ワイヤーヒーター付きリフトトップ炉またはリフトボトム炉、最高温度 1400 ℃ 脱バインダーおよび焼結をワンプロセスで行なうコンビ ネーション炉としても応用可能

H 1000/LB H 1600/14 DB 200

製造における脱バインダーおよび焼結に採用されるリフトトップ炉 H 3630/LT DB200

H 500 DB200 触媒式アフターバーニング装置、自動テーブル交換システム、危険行きを保護するための安全スキャン付き

冷却ステーションとテーブル交換を装備したリフトトップ炉 H 245/LTS

セラミックの小部品用にロットをまとめる。

H 125/LB またはLT ~ H 3000/LB または LT

リフトトップ炉またはリフトボトム炉を製造工程に採用すると、複雑形状の焼結物も整然と装入できるため、チャンバー炉に比べて有利です。プロセス条件に合わせてフトトップ炉またはリフトボトム炉を採用できます。このシステムには単数または複数の手動またはモーター駆動による交換テーブルを拡充することが可能です。温度分布を最適化する複数ゾーン制御や、プロセス時間を短縮する冷却制御等を追加装備すると、プロセス固有の要求にも的確に対応します。脱バインダーおよび焼結をワンプロセスで行なう脱バインダー装備 DB100 または DB200 と組み合わせたコンビネーション炉の形成も可能です。更に、燃料セルのように追加フィッティングを下方または上方から炉に装入することが求められる特殊応用領域にも最適です。

  • 最高温度 1280
  • 背面換気式の二重壁ケーシング構造により、低い外壁温
  • リフトトップ仕様:定置型テーブルを装備した電動油圧式シュラウド
  • リフトボトム仕様:固定型シュラウドを装備した駆動式テーブル
  • 4面全部とテーブルからの五面加熱により、DIN 17052-1 に準拠した +/- 10 °C に達する最適な温度均一性
  • サポートチューブに巻いた発熱体により、自由な熱放射と電熱線の長寿命
  • 炉床ヒーターが SiC プレートで防護されるため、水平積載が可能
  • 軽量耐火レンガおよび特殊背面断熱による複層断熱
  • 耐久性に優れたファイバー断熱型天井構造
  • 炉天井に配備された手動式排気ハッチ
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視 (熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録

追加装備

  • 最高温度: 1400
  • プログラムで開閉するモーター駆動の排気ハッチ
  • 周期制御された放熱ファンと電動式排気ハッチによるコントロールされないか、コントロールされた冷却システム。
  • 炉洗浄のための不燃性の保護および反応ガス用の保護ガス接続
  • 手動または自動式のガスパージシステム
  • 炉の機種に合わせて炉内温度分布を最適化する複数ゾーン制御
  • プロセス最適化に向けて、試験材料 (ワークも可) を使って炉内温度分布計測を行なう試運転調整
  • 自動駆動式も含めた追加テーブル、交換テーブルシステム
  • 安全構想
  • 排気・排ガス配管
  • 熱または触媒方式の排気浄化システムは
  • VCDソフトウエアセットによるプロセス制御またはナーバテルム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
機種最高温度 炉室内寸 (mm)容量外寸 (mm)加熱能力電気重量
 奥行き高さ(リットル)奥行き高さkW1接続*(kg)
H 125/LB, LT128080040040012515501500220012三相1250
H 250/LB, LT1280100050050025015301700230018三相1400
H 500/LB, LT1280120060060050020201800250036三相1800
H 1000/LB, LT12801600800800100022002000290048三相2800
H 1350/LB, LT12802800620780136037502050305075三相3500
H 3000/LB, LT12803000100010003000400021003200140三相6200
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧については77頁参照
 

コンビネーション・チャンバー炉 最高温度 1400 ℃ 脱バインダーおよび焼結をワンプロセスで行なうコンビネーション炉

N 300/14 DB200 N 1000/14 DB100

炉内にパーフォレート状に配備されたセラミック管から予備加熱空気を噴射

測定範囲のキャリブレーションインターフェイス

フィルター製造において縦型脱バインダーおよび焼結を行なう N 697/HS DB200

脱バインダー装備 DB200 に含まれる圧力および流量表示

N 200/DB ~ N 1000/14DB

コンビネーション・チャンバー炉 N 200/DB ~ N 1000/14DB は、脱バインダーおよび焼結をワンプロセスで行なうために開発されました。脱バインダー処理中に発生する排ガスを希釈するために流入空気を供給し、炉室内が可燃性雰囲気になることを回避します。標準型機種には脱バインダー装備 DB100が装備されています。脱バインダー装備には、予熱された空気が雰囲気を希釈するために供給され、脱バインダー中は過剰圧力下で運転されます。

プロフェッショナルな製造炉としては、脱バインダー装備 DB200を推奨します。ファン回転数を調整できる流入空気予備加熱装置が付き、予備加熱された流入空気は空気分配管からブローされます。排ガスファンの回転数も調整可能です。PLC 制御によって炉室内の負圧が最適に自動制御されます。

  • 最高温度: 1280 、1340 または 1400
  • 背面換気式の二重壁ケーシング構造により、低い外壁温
  • 四面全てと炉床からの五面加熱による均一な温度分布
  • サポートチューブに巻いた発熱体により、自由な熱放射と電熱線の長寿命
  • 炉床ヒーターが SiC プレートで防護されるため、水平積載が可能
  • 軽量耐火レンガおよび特殊背面断熱による複層断熱
  • セルフサポートタイプの耐久性に優れたレンガ積み丸型天井構造
  • モーター駆動の排気ハッチを炉天井に配備
  • 空気ファン、空気加熱装置とその監視付き脱バインダー装置 DB100
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視(熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録

追加装備

  • 炉の機種に合わせて炉内温度分布を最適化する複数ゾーン制御
  • プロセス最適化に向けて、試験材料 (ワークも可) を使って炉内温度分布計測を行なう試運転調整、
  • 受動的安全構想の脱バインダー装備 DB200 は
  • 排気・排ガス配管
  • 熱または触媒方式の排気浄化システムは
  • 測定範囲のキャリブレーションインターフェイス
  • VCDソフトウエアセットによるプロセス制御またはナーバテルム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
機種最高温度 炉室内寸 (mm)容量
(リット外寸 (mm)電気重量
 奥行き高さル)奥行き高さ接続*(kg)
N 200/DB1280370530720140106011601820三相370
N 300/DB1280420700780230111013301880三相410
N 450/DB12804707501000350139015702150三相815
N 650/DB12806508501100610150016702270三相1350
N 1000/DB128074010001250940204521502690三相2100
           
N 200/HDB1340370530720140106011601820三相420
N 300/HDB1340420700780230111013301880三相500
N 450/HDB13404707501000350139015702150三相1040
N 650/HDB13406508501100610150016702270三相1550
N 1000/HDB134074010001250940204521502690三相2500
           
N 200/14DB1400370530720140106011601820三相450
N 300/14DB1400420700780230111013301880三相550
N 450/14DB14004707501000350139015702150三相1320
N 650/14DB14006508501100610150016702270三相1750
N 1000/14DB140074010001250940204521502690三相2700
*接続電圧については77頁参照
 

ワイヤーヒーター付きチャンバー炉、最高温度 1400 ℃

N 1000 長い構造物用の N 1680/S

N 4550/S

ファイバー断熱によりサイクルタイムを短縮するチャンバー炉

N 2200用積荷枠

N 100 ~ N 2200/14

この高品質チャンバー炉は、か焼・焼結・焼きなまし等の常時運転に対する抜群の性能が長年にわたって実証されています。五面加熱により、均一な温度分布を達成します。プロセス要求に適合する追加装備も多様に取り揃えております。

  • 最高温度: 1300 、1340 または 1400
  • 背面換気式の二重壁ケーシング構造により、低い外壁温
  • 五面加熱による均一な温度分布
  • サポートチューブに巻いた発熱体による自由な熱放射および長い電熱線寿命
  • コントローラーは炉の扉につるされており、取り外して操作が可能です
  • 天井に配備した排気開口部、N 440モデル以降モーター式排気フラップ
  • 容易に操作できる流入空気調整ハッチ、あるいは自在に開放可能な炉面スライド
  • セルフサポートタイプの耐久性に優れたレンガ積み丸型天井構造
  • ドアのクイックロック
  • 軽量耐火レンガおよび特殊背面断熱による複層断熱
  • N 300/.. 迄の機種は架台の取り外しが可能
  • 炉床に嵌めこまれたシリコンカーバイトボードによる底面加熱とワークの積み重ねの保護
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録

追加装備

  • モーター駆動の排気フラップN 100 - N 300/..モデル
  • 手動あるいは自動制御タイプのファンシステムの採用による高速冷却
  • 炉洗浄のための不燃性の保護および反応ガス用の保護ガス接続
  • 手動または自動式のガスパージシステム
  • プロセス時間、特に冷却時間を短縮するファイバー断熱
  • 炉内有効空間の温度分布を最適化する複数ゾーン制御
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視 (熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • VCDソフトウエアセットによるプロセス制御またはナーバテルム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
機種最高温度 炉室内寸 (mm)容量
(リット外寸 (mm)加熱能力電気重量
 奥行き高さル)奥行き高さkW1接続*(kg)
N 1001300400530460100720113014409三相275
N 15013004505305901507701130157011三相320
N 20013005005307202008201130170015三相375
N 30013005507007803008701300176020三相450
N 4401300600750100045010001400183030三相780
N 66013006001100100066010001750183040三相950
N 1000130080010001250100013901760200057三相1800
N 1500130090012001400150014901960215075三相2500
N 220013001000140016002200159021602350110三相3100
            
N 100/H13404005304601007601150144011三相325
N 150/H13404505305901508101150157015三相380
N 200/H13405005307202008601150170020三相430
N 300/H13405507007803009101320176027三相550
N 440/H1340600750100045010001400183040三相880
N 660/H13406001100100066010001750183052三相1080
N 1000/H134080010001250100013901760200075三相2320
N 1500/H1340900120014001500149019602150110三相2700
N 2200/H13401000140016002200159021602350140三相3600
            
N 100/1414004005304601007601150144015三相325
N 150/1414004505305901508101150157020三相380
N 200/1414005005307202008601150170022三相430
N 300/1414005507007803009101320176030三相550
N 440/141400600750100045010001400182040三相1320
N 660/1414006001100100066010001750182057三相1560
N 1000/14140080010001250100013901760200075三相2500
N 1500/141400900120014001500149019602150110三相3000
N 2200/1414001000140016002200159021602350140三相3900
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧については77ページを参照
 

引き出しまたは引き出し可能なワゴン付きチャンバー炉

NW 440 NW 300
NW 150 - NW 1000/H

NWモデルのチャンバー炉は、すでに実績のあるN 150 - N 1000/Hモデルのチャージが非常に容易であるという品質特性を活かしています。

引き出しのメカニズム(NW 150 - NW 300/H)により、炉の床は簡単に炉から取り出せます。大きなモデルNW 440 - NW 1000/Hは、全く自由に走行できる台車炉として作られました。炉の前が空いているため、簡単で明瞭なチャージの装入が可能です。

N 100 - N 2200/14のような基本モデル(38ページ参照)は

  • 炉の床が簡単に引き出せます(NW 150 - NW 300/H)
  • NW 440モデル以降は四輪ワゴン(二輪はブレーキ付き)で完全に引き出せます。引き出し時に使用するバーは、取り外し可能
  • 台座も一緒に納入 (NW 150 - NW 300/H)。固定の台座は、大きなモデル用
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
  • ナーバサーム・コントローラー用NTLog Basic、プロセスデータをUSBスティックに記録

追加部品

  • モーター駆動の排気フラップNW 150 - NW 300/..モデル
  • 手動または自動制御で素早く冷却する送風システム
  • 炉内を理想的に温度均一化するための多層調整機能
  • EN 60519-2に準拠した温度保護クラス2を守り炉と製品の加熱を避けるため、スイッチを切る温度が調整可能な温度制限機能
  • VCDソフトウェアパケットによる監視、記録、制御用プロセス制御と記録
モデル最大温度内部測定(mm)容量 
(リットル)外部測定(mm)加熱能力電源
 接続* 
°C奥行き高さル)奥行き高さkW1 (kg)
重量NW 15013004505305901508101150157011.03相
400NW 20013005005307202008601150170015.03相
460NW 30013005507007803009101320184020.03相
560NW 4401300600750100045010001400183030.03相
970NW 66013006001100100066010001750183040.03相
1180NW 1000130080010001250100014701850200057.03相
1800           
 NW 150/H13404505305901508101150157015.03相
520NW 200/H13405005307202008601150170020.03相
600NW 300/H13405507007803009101320184027.03相
730NW 440/H1340600750100045010001400183040.03相
1260NW 660/H13406001100100066010001750183057.03相
1530NW 1000/H134080010001250100014701850200075.03相
2320
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧に関しては77ページ参照