ラボラトリー

焼きなまし炉/焼きいれ炉/およびロウ付け炉

N 61/H N 7/H 卓上型モデル

保護ガス雰囲気用のガス化ボックスのチャージ台車による作業

N 7/H~N 87/H

実験室での金属の熱処理等の荒作業を実施するためには、耐火性レンガによる堅牢な断熱が絶対に必要になります。機種N 7/H~N 87/Hの設計の特性はこの問題を解決するばかりではありません。例えば保護ガス下での動作のための加熱ボックス、ローラーコンベアや急冷浴を備えた冷却ステーション等の広範な付属品によって、炉の機能性を拡張することができます。これにより高価で複雑な加熱装置を使用することなく、医学分野でのチタンのアニーリング処理等の高度の要求を満たすことが可能です。

  • 最高温度1280  °C
  • 両側面と底面の三面加熱式
  • 管状キャリアに装填された発熱体による直接放射、高度の耐久性
  • 耐熱性のシリコンカーバイトボードで保護された底面加熱
  • 堅牢な軽量耐火性レンガによる炉内の多重構造の断熱
  • 炉側の排気開口部、N 31/H型以降では炉背面
  • N 7/H型から N 17/HR型まではコンパクトな卓上型設計
  • N 31/H型以降の機種は架台を含む
  • 下方へ開く平行スイング扉、上方スイング式のご注文も可能
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用
型式最高温度炉内寸法 mm容量
(リット外形寸法 mm電気容量電源重量昇温
 °C奥行き高さル)奥行き高さ(kW)接続*(kg)時間 分2
N 7/H128025025014097706505703.0単相60180
N 11/H1280250350140117707505703.6単相70180
N 11/HR1280250350140117707705705.5三相170120
N 17/HR1280250500140177709005706.4三相190120
N 31/H12803503502503110101010134015.0三相210105
N 41/H12803505002504110101160134015.0三相260120
N 61/H12803507502506110101410134020.0三相400120
N 87/H128035010002508710101660134025,0三相480120
1三相のうち二相が加熱用 *接続電圧については60ページを参照
2230 V 1/N/PE または 400 V 3/N/PEに接続する場合
 

焼入れとロウ付け用の付属品

弊社の焼きなまし/焼入れ炉/ロウ付け炉の多様な機種は、焼入れとロウ付けの広範な付属品によって、お客様の個々の使用目的に最適の設計へと拡張させることができます。下にご紹介する付属品は入手可能な製品のごく一部です。より詳しい情報をご希望の方は別冊の熱処理炉と熱処理付属品の製品カタログをご請求ください!

焼きなまし容器

  • 焼きなまし容器、保護ガス接続付き/なし、最高耐熱温度1100  °C、例えば小部品や小片ワークの冷却真空のためのユーザーの希望による特別注文設計も可能

ガス化バッグとホールダー

  • 保護ガス接続付きのガス化バッグとホールダーは機種N 7/H~N 87/H型用の保護ガス下での焼きなましと焼入れ、および空中急冷に使用

積載プレート

  • 機種N 7/H~N 87/H型用の積載プレート、3辺折、最高耐熱温度1100  °C、炉床の保護

焼入れ用ヤットコ

  • 焼入れ/焼きなまし用ヤットコ、各サイズとタイプ取り揃え

焼入れ用シート

  • スチール酸化物防止の焼きなまし/焼入れ用シート、最高耐熱温度1200  °C

保護手袋

  • 耐熱性の手袋、650  °Cまたは700  °Cまでのワークの搬入時にオペレーターを保護