サーモプロセス技術

台車炉 電気加熱
 PRODUCT IMAGE PRODUCT IMAGE
 交換テーブルシステムを装備した W 2200/S 3部構成ワゴン付きW 7500
PRODUCT IMAGE

W 8250/S

PRODUCT IMAGE

短いプロセスタイム用ファイバー断熱および蛇行型発熱体

PRODUCT IMAGE

レール敷設不要の回転ラック駆動装置付きスチール台車

PRODUCT IMAGE

ガスパージボックス付きワゴン炉

PRODUCT IMAGE

生産プロセス内の炉施設、台車スライドシステム装備

PRODUCT IMAGE

ワゴン炉W 6340S

W 1000/G ~ W 10000

高重量の鋳造部品や工具鋼などの大寸部材を800 ℃ ~ 1100 ℃の温度領域でアニール・硬化処理する場合は、ナーバー・サームの輻射加熱式台車炉を推奨します。炉の外側で台車に装入できます。電動油圧式リフトドアおよびモーター駆動式台車を装備した炉では、加熱状態でも炉を開いて処理物を冷却・急冷処理するために取り出すことができます。複数の台車がセカンドドアあるいは横断移行装置と組み合わされて装備されている場合は、一台が炉に入った状態で、他の一台をチャージできます。そのため工程時間が短縮されると同時に、装入物を新たにチャージするために再加熱する際に炉の残余熱を利用できます。

  • 最高温度: 900 または 1280
  • 背面換気式の二重壁ケーシング構造により、低い外壁温
  • 右開きドア
  • 四面全てと台車からの五面加熱により、最適な温度均一性
  • 台車走入時のブレード接触によって電圧が入る台車加熱
  • サポートチューブに巻いた発熱体により、自由な熱放射と電熱線の長寿命
  • 炉床ヒーターが台車上の SiC プレートで防護されているため、水平積載が可能
  • 軽量耐火レンガおよび特殊背面断熱による複層断熱
  • セルフサポートタイプの耐久性に優れたレンガ積み丸型天井構造
  • 高重量物の装入を容易且つ正確に行なうフランジ付きホイールを装備したレール走行型台車
  • 流入空気用スライドは調整可能
  • 炉天井に配備された手動式排気ハッチ
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視(熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

追加装備

  • 短いプロセスタイム向けのファイバー断熱および蛇行型発熱体
  • 高重量物を容易に走行させるためのレール走行型スキッドチェンの電動駆動装置
  • 回転ラック駆動装置の採用により、炉前方へのレール敷設は不要
  • 台車設備の多様な拡充方策:
    • 追加台車
    • 待機線路を備えたレール駆動タイプで台車交換や複数炉を結合する台車移動システム
    • 台車および横断移動装置用の駆動モーター
    • 台車交換の完全自動制御
  • 電動油圧式リフトドア
  • プログラムで開閉するモーター駆動の排気ハッチ
  • 周期制御された放熱ファンと電動式排気ハッチによる冷却システム、制御機能装備および未装備
  • 炉の機種に合わせて温度均一性を最適化する複数ゾーン制御
  • プロセス最適化に向けて、試験材料(ワークも可)を使って温度均一性計測を行なう試運転調整
  • コントロールサームMVソフトウエアセットによるプロセス制御およびドキュメンテーション、NTログとNTグラフ、あるいはナーバー・サーム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
機種最高温度 炉室内寸 (mm)容量外寸 (mm)加熱能力電気重量
 奥行き高さ(リットル)奥行き高さkW1接続*(kg)
W 1000/G9008001600800100014702410191540三相3000
W 1500/G9009001900900150015702710203057三相3500
W 2200/G900100022001000220016703010214075三相4500
W 3300/G9001000280012003300167036102355110三相5300
W 5000/G9001000360014005000167044102555140三相7300
W 7500/G9001000540014007500167062102555185三相10300
W 10000/G90010007100140010000167079102555235三相12500
            
W 100012808001600800100014702410191557三相3000
W 150012809001900900150015702710203075三相3500
W 220012801000220010002200167030102140110三相4500
W 330012801000280012003300167036102355140三相5300
W 500012801000360014005000167044102555185三相7300
W 750012801000540014007500167062102555235三相10300
W 10000128010007100140010000167079102555300三相12500
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧に関する注記は76ページを参照

情報を要求する

印刷用バージョン

サーモプロセス技術 thermprozesstechnik_japanisch

 
 
1400℃までのガス加熱ワゴン炉 大気または制限された雰囲気下での燃焼または焼結向け
 PRODUCT IMAGE PRODUCT IMAGE
 コンビネーション炉設備、ガス加熱ハースワゴン炉WB11000/HSとハースワゴン移送システムおよび補助ハースワゴン2台(待避レールも含む)から成る。 台車炉 WB 14880S
PRODUCT IMAGE

8個の高速バーナーを取り付けた炉室内

大型サイズで高出力を発揮するのがガス加熱式台車炉の特徴です。高速バーナーの採用により、昇温が短時間で実現します。炉の形状に対応してバーナーを配置しているため、最適な温度均一性が確保されます。炉のサイズによっては省エネ効果をもつ復熱技術を装備したバーナーを採用することも選択肢の一つです。高品質で耐久性に優れたたファイバー断熱は熱吸収が少ないため、昇温および冷却を短時間で行ないます。

  • デザインにより最高温度1400 °Cまで
  • 炉内のパルス制御および特殊火炎形成を行う高出力で堅牢な高速バーナーにより最適な温度均一性を確保
  • 都市ガス、天然ガスまたは LP ガスによる運転
  • バーナー機能の監視を含め、PLC方式による完全自動の温度制御
  • 還元雰囲気に対する耐久性を発揮するファイバー断熱は熱吸収が少ないため、短時間で昇温・冷却
  • 二重構造のケーシングにより、外部温度が低い
  • 排気フードには排ガス配管用の接続部を配備
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視 (熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

追加装備

  • 自動ラムダ制御による炉雰囲気の設定
  • 排気・排ガス配管
  • 復熱式バーナーは排ガス中の廃熱の一部を再利用して空気を予備加熱するため、省エネ効果に大きく貢献
  • 熱または触媒方式の排ガス浄化システムは、
  • コントロールサームMVソフトウエアセットによるプロセス制御およびドキュメンテーション、NTログとNTグラフ、あるいはナーバー・サーム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御
  • 台車炉に関するその他の追加装備は、

情報を要求する

印刷用バージョン

製品カタログ サーモプロセス技術 thermprozesstechnik_japanisch