チャンバー炉 ガス加熱式
PRODUCT IMAGE PRODUCT IMAGE  
NB 2880/S NB 4330/S  
PRODUCT IMAGE

塗装部品洗浄用として熱再燃焼装置を一体化したNB2304/S

PRODUCT IMAGE

NB600までのスタンダード型用コンパクトバーナー

NB 300 ~ NB 600

特定の熱処理プロセスにはガス加熱方式のチャンバー炉が必要になります。その理由として高出力で短い昇温時間があげられます。高性能大気ガスバーナーを装備したチャンバー炉は種々のプロセスへの採用に合致しています。基本型炉ではプロセス開始時に手動でガスバーナーを点火します。その後、燃焼カーブは自動的に制御されます。プログラム終了後、バーナーは自動的にオフに切り替わります。プロセス次第では完全自動制御型噴射バーナーやその他の有益な追加装備による性能アップが可能です。

  • 最高温度 1300
  • LPガスまたは天然ガスによる大気下の高出力加熱運転
  • 火炎形成 (トップ・ダウン) を最適化するようにガスバーナーを特殊配置しているため、最適な温度均一性を確保
  • 完全自動式温度制御
  • 火炎監視と安全バルブを装備した DVGW 準拠のガス開閉装置
  • 還元雰囲気に対する耐久性を発揮する軽量耐火レンガおよび特殊背面断熱ににより、ガス消費が少ない
  • アーチ状レンガ積みまたはファイバー断熱構造のセルフサポート型で堅牢な炉天井
  • 二重壁のケーシング側面はステンレス (NB 300) 製のため、炉外温度が低い
  • 堅牢で二重壁構造のドア
  • 排気フードの接続は 150 mm (NB 300) および 200 mm (NB 440、NB 600)
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視 (熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

追加装備

  • 完全自動制御で機能するガスバーナー
  • 排気・排ガス配管
  • 熱または触媒方式の排気浄化システムは、
  • 熱を回収する復熱技術は
  • コントロールサームMVソフトウエアセットによるプロセス制御およびドキュメンテーション、NTログとNTグラフ、あるいはナーバー・サーム・コントロールセンター NCCによる監視・ドキュメンテーション・制御

thermprozesstechnik_japanisch サーモプロセス技術
(URL: http://www.nabertherm.com/produkte/thermprozesstechnik/thermprozesstechnik_japanisch.pdf)