チャンバー炉, シートバー予熱炉 電気加熱
 PRODUCT IMAGE
 自動車産業用大型プレートの予熱向けアニール炉は電動油圧式リフトドアおよび走行可能な架台を装備
PRODUCT IMAGE

追加装備のドアヒーター

PRODUCT IMAGE

ドア・イン・ドアを装備した鍛造用余熱炉 N 6080/13S

PRODUCT IMAGE

ガスパージボックスおよびパレットトラックを装備した N 761

PRODUCT IMAGE

製造プラントに装備された N 1491/S

PRODUCT IMAGE

天井ヒーター付き炉室(余熱炉として使用の追加装備)

卓越した堅牢性を具備した輻射加熱式チャンバー炉は連続運転の熱処理プロセス用に設計されています。金属プレートの鍛造や熱間変形等の変形プロセスに最適です。多様なアクセサリーを採用することで、お客様独自の適用分野に確実に対応します。

  • 最高温度1200
  • 堅牢性に優れた構造
  • 両壁と床からの三面加熱
  • 発熱体はセラミックサポートチューブに配置されているため、熱放射が妨げられない
  • 炉床ヒーターを熱伝導性SiCプレートで防護
  • N 951 機種迄は手動式リフトドア
  • N 1296 機種以降は電動油圧式リフトドア
  • 磨耗耐性に優れたソリッドステートリレーを装備 (60 kW 迄の機種) したヒーターは
  • DIN 17052-1に準拠した +/- 10 °C に達する最適な温度均一性
  • ユーザーの温度測定装置に対応した温度測定ポートは閉鎖可能
  • 金属プレートの鍛造や変形における装入物の滞留時間測定:装入後にオペレータがボタン押すと、前もって設定されている滞留時間で処理が進行します。滞留時間終了はシグナルサインと音で知らされて、装入物を取り出すことができます。
  • フレームとドアは耐熱性亜鉛防護塗装
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

追加装備

  • 他の温度領域は要望次第
  • SiCプレート製の防護カバーを施した側面ヒーター
  • N 951 迄の機種は電動油圧式リフトドア
  • 炉のケーシングと不活性ガス接続部をシリコーンでシーリング
  • 不活性保護ガスまたは反応ガス雰囲気下の粉体窒化または焼なましするアニールボックス
  • 搬入・装入補助装置
  • 高重量物用の装入用格子
  • 炉天井に配備されたモーター駆動排気ハッチと連動する冷却ファン
  • 裏面とドアにも発熱体を取り付けることで、DIN 17052-1 に準拠した +/- 5 に達する最適な温度均一性
  • 温度均一性を11個の熱電対で計測・記録する炉の試運転調整
  • 天井ヒーター付き炉室(余熱炉として使用の追加装備)
  • コントロールサーム MVソフトウエアセットによるプロセス制御・ドキュメンテーションは
機種最高温度炉室内寸 (mm)容量外寸 (mm)加熱能力電気
 奥行き高さ(リットル)奥行き高さkW1接続*
N 7311200750130075073018002400289070三相
N 7611200800190050076017402700265070三相
N 8911200800140080089017402200345070三相
N 95112001000190055095020602700278070三相
N 1296120018001200600129628602000302070三相
N 14911200166012007501490272020003350110三相
N 15011200100015001000150020602300384595三相
N 16011200160020005001600266029002900110三相
N 17601200220016005001760340025002900110三相
N 17711200140014009001770246022003745110三相
N 21611200170017007502160276026003350110三相
N 220112001000220010002200206030003845150三相
N 22511200250015006002250356023003020110三相
N 24011200250012008002400356020003445110三相
1接続負荷は仕様によって上昇 *接続電圧に関する注記は76ページを参照

thermprozesstechnik_japanisch 製品カタログ サーモプロセス技術
(URL: http://www.nabertherm.com/produkte/thermprozesstechnik/thermprozesstechnik_japanisch.pdf)