触媒方式脱バインダー用のチャンバー型レトルト炉 触媒又はサーモ方式脱バインダー用のコンビ炉としても
 PRODUCT IMAGE
 NRA 40/02 CDB、アシッドポンプ用キャビネット付き
PRODUCT IMAGE

硝酸用酸ポンプ

PRODUCT IMAGE

内部ヒーターとプロセス容器付きのレトルト

NRA 40/02 CDB および NRA 150/02 CDB

チャンバーレトルト炉 NRA 40/02 CDB および NRA 150/02 CDB は、BASF CATAMOLD® 法による粉末射出成形されたセラミックおよび金属構成部品の触媒方式脱バインダー処理専用に開発されました。内側加熱式のガス密閉型レトルトを備えた熱風循環炉です。触媒方式脱バインダーではポリアセタール (POM) を含むバインダーが硝酸に作用されて炉室内で化学的に分解され、窒素キャリアガスによって炉外へ送られて排ガスフレアで焼却されます。オペレーターや周囲を保護するため、どちらの機種も包括的な安全装備を備えています。 コンビ炉CTDBとしての仕様では、製品を触媒およびサーム脱バインダー、また必要と製品の仕様特性に応じて初期焼結ができます。初期焼結された部品は、残留バインダーで汚染されずに、容易に焼結炉に移動できます。

  • 耐酸ステンレス製 (1.4571) のプロセス容器には大型ドアを装備
  • クロム鋼チューブヒーターでレトルト内部を四面加熱するため、均一な温度分布を実現
  • 水平熱風循環でプロセスガスを均一に分布
  • 酸ポンプおよび運用サイドの酸容器を炉台に統合
  • ガス加熱式の排ガスフレアに火炎監視を装備
  • LPC制御の冗長的安全装置を備えた包括的安全装備は、硝酸を使用する運転の安全性を確保します。
  • グラフィック表示機能をもつ大型タッチパネル H 3700 でプロセスのデータ入力および可視化
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

NRA 40/02 CDB 機種

  • 最高温度 200
  • 数値を固定設定したガスパージシステム

追加機種NRA 150/02 CDB

  • マスフローメーターを装備した窒素の自動ガスパージシステム
  • 酸の消費量は調整可能で、それに対応したパージガス容量

NRA .. CTDB仕様

  • サーモバインダーおよび不活性バインダーは12ページを参照
  • 大気循環付き600 および900 向けモデルも用意

追加装備

  • 硝酸容器の計量機は、酸の消費を監視し、酸容器の充填レベルを可視化する PLC 制御に接続 (NRA 150/02 CDB)
  • プロセスの可視化・制御・装入ドキュメンテーションを行うソフトウエアセット NCC
  • マスフローメーターを装備した窒素の自動ガスパージシステム (NRA 40/02 CDB)
  • 酸の消費量は調整可能で、それに対応したパージガス容量 (NRA 40/02 CDB)
  • 炉の装入を容易にするリフトトラック
  • アシッドポンプ用キャビネット
  • 炉洗浄用の緊急用空気タンク故障の場合
機種最高温度 炉室内寸 (mm)容量
(リット外寸 (mm)加熱能力電気重量酸の消費量窒素ガス
 奥行き高さル)奥行き高さkW2接続*(kg)(HNO3)(N2)
NRA 40/02 CDB200300450300401100125024505三相1800最高 70 ml/h1000 l/h
NRA 150/02 CDB20045070045015016501960285023三相11650 最高 180 ml/h最高 4000 l/h
1加熱は二相間でのみ可能 *接続電圧については76頁参照
2接続負荷は仕様によって上昇

thermprozesstechnik_japanisch 製品カタログ サーモプロセス技術
(URL: http://www.nabertherm.com/produkte/thermprozesstechnik/thermprozesstechnik_japanisch.pdf)