低温壁レトルト炉, 最高温度 2400 ℃
 PRODUCT IMAGE PRODUCT IMAGE
 CFCプロセスケースと水素を使用した運転用の拡充パッケージ付きVHT 500/22-GR H2 ファイバー断熱と二珪化モリブデン発熱体付きのVHT 8/18-KE
PRODUCT IMAGE

VHT 8/16 MO による水素雰囲気下での胴棒材の熱処理

VHT 8/18-GR - VHT 500/18-KE

コンパクトタイプの VHT シリーズは、黒鉛、モリブデン、タングステンまたは MoSi2 を加熱装置として採用した電気加熱式チャンバー炉です。多様な加熱構想の他にも、アクセサリーも包括的に取り揃えているため、厳しい技術が要求されるプロセスにも適用できます。

真空密封型プロセス容器は、不活性/反応ガス雰囲気下での熱処理プロセスを可能にします。炉の仕様によっては最高 10-5 mbar の真空度を確保します。基本型炉は不燃性の保護ガス反応ガス雰囲気下あるいは真空下での運転に適しています。 H2 タイプは水素またはその他の可燃性ガスを使用する運転に適しています。このタイプの中核をなすのが認証許可済みの安全装備です。いかなる時も安全運転を確保すると同時に、エラー発生時には相応の非常プログラムが作動します。

加熱仕様の選択肢

基本的に、異なる適用温度に応じて以下に列記する機種を提供しています:

VHT ../GR、黒鉛を採用した断熱および加熱

  • 不活性/反応ガス雰囲気または真空下のプロセス
  • 最高温度 : 1800 または 2200 (2400 °C は追加装備)
  • 使用するポンプのタイプに応じて、10-4 mbar 迄の真空度
  • 黒鉛断熱

モリブデンまたはタングステン製ヒーターを装備したVHT ../MO または ../W

  • 不活性/反応ガス雰囲気または高真空下の高純度プロセスに適用
  • Tmax は 1200 、1600 または 1800 (表を参照)
  • 使用するポンプのタイプに応じて、5 x 10-5 mbar 迄の真空度
  • モリブデンならびタングステン放射プレートによる断熱

VHT ../KE、ファイバー断熱および二珪化モリブデン発熱体による加熱

  • 不活性/反応ガス雰囲気、大気または真空下のプロセスに適用
  • 最高温度 1800
  • 使用するポンプのタイプに応じて、10-2 mbar (最高 1300 ) 迄の真空度
  • 高純度の酸化アルミニウムファイバーによる断熱

thermprozesstechnik_japanisch 製品カタログ サーモプロセス技術
(URL: http://www.nabertherm.com/produkte/thermprozesstechnik/thermprozesstechnik_japanisch.pdf)