シャフト炉および箱型炉、空気循環器付き・なし 電気またはガス加熱式
PRODUCT IMAGE PRODUCT IMAGE
SAT 1512/85S 顧客固有サイズの S 5120/GS1、炉内は二分でき、蓋は二パーツ構成
PRODUCT IMAGE

高い構造物用炉 S 4100/S

PRODUCT IMAGE

炉室を二分するための断熱プレート収納部を備えた S 5120/GS

長さや重量のあるワークの熱処理には弊社の箱型炉が最適です。通常は屋内クレーンを使って装入します。強力な空気循環で炉の温度は最高850 ℃まで上がり、温度均一性を保ちます。また最高温度1280 ℃の箱型炉も五面加熱で温度均一性に優れています。またこの炉はガス加熱仕様も可能です。ワークの重量や長さに応じて部品を設計し、シャフト型や箱型炉、空気循環型などの炉をお客様のご要望に合わせて製造します。

  • 最高温度260 , 450 , 600 または850 空気循環炉向け
  • 最高温度900 または1280 , 熱放射装備
  • 電気またはガス加熱式
  • 空気循環炉向けの長手両端加熱
  • 四面加熱 900 と1280 型には積載用のシリコンカーバイトボード製底板
  • 高度な断熱 機種の最高温度に対応
  • 両手操作型電動油圧駆動の蓋
  • 炉の下方に配備した閉鎖可能な空気取込み開口部
  • 蓋に取り付けた閉鎖可能な排気開口部
  • 手動設定可能な過昇温計で炉とワークの過熱を監視(熱保護等級 2、EN 60519-2 に準拠)
  • 操作説明書の枠内における規定どおりの使用

追加装備

  • 急速冷却のためのモーター駆動式排気ハッチ
  • 自働制御の排気ハッチと連動する冷却ファン調節
  • ヒーターの複数ゾーン制御による最適な温度均一性
  • 短い構造部品には炉室の長さを短く区分した分離制御が可能
  • 最高温度950 向け仕様 空気循環モーター保護ファンホィール
  • コントロールサーム MVソフトウエアセットによるプロセス制御・ドキュメンテーションは

thermprozesstechnik_japanisch 製品カタログ サーモプロセス技術
(URL: http://www.nabertherm.com/produkte/thermprozesstechnik/thermprozesstechnik_japanisch.pdf)