沿革

1947 年にコンラート・ナバーは家族企業を設立し、数名の従業員とともに個人用途向けの陶器用炉の製造を始めました。ナバーは、積極的に事業を拡大し、会社を国際的に展開しました。現在、ブレーメン郊外のリリエンタールを拠点とする Nabertherm は、さまざまな産業向けの炉と熱処理システムを設計・製造し、世界中に製品を供給しています。

16.09.1947

cnaber.jpg

Conrad Naber  氏がブレーメンで創立

1954

会社をリリエンタールに移転従業員数15人工場の建物の区分、

1.350 m²建造

1967

事務所の建物1を2.400 m²に拡張

1972

年事務所の建物1.200 m²を建造

1973

Gruppe1.JPG

年Naber Industrieofenbau有限合資会社と会社名変更

1977

事務所の建物1を5.700 m²に拡張

1979

年輸出の割合29 %に上昇

1980

年工場2、4.000 m²の建造

1983

年工場3、2.400 m²の建造

1985

年輸出の割合43 %に上昇

1989

年会社名をNabertherm有限合弁会社に変更

1998

年HERMES electronic 有限会社の持ち株50 %獲得

年来 1997

販売会社創立:
Nabertherm Inc., USA
Nabertherm Schweiz AG, Switzerland
Nabertherm SARL, France
Nabertherm Shanghai Ltd., China
Nabertherm Ltd., UK
Nabertherm Italia, Italy
Nabertherm Ibérica, Spain

2001

Empfang1_0.JPG

年販売分割の枠内においてNabertherm有限会社によって実質上の機能が引き継がれる。業務執行者:Friedrich Wilhelm Wentrot 監査役理事長:Conrad Naber

2005

年真空技術導入

2006

年出荷ホール建造800 m2

2007

年Martin Naber氏が監査役理事長に就任

2008

年輸出の割合60 %に拡張

2009

年顧客テストセンターの拡大

2011

Bau2.jpg

年工場4、4.000 m²の建造

2012

AMS炉の連続炉タイプ数拡大

2013

2013-FS2200_60AS_0.jpg

頭以上の高さの炉タイプ導入

航空機工業用大総量の複合炉の拡大

2014

2015-svht2_30gr.jpg

自動車産業用プレートの予熱向け間接式ガス加熱炉の導入

2015

新世代ラボラトリー用炉 3000 ℃のの導入

新世代アート&クラフト用炉の導入

新世代のバネの加熱用連続炉の導入

2016

積層造形用炉の種類の紹介

新しいコントロール世代の手引き

2017

Innenansicht.jpg

年工場5、4.400 m²の建造

新世代のジェット流による連続炉の導入

29.01.2018

naber.jpg

創立者のConrad Naber氏が95歳で逝去

2018

laser.JPG

TRUMPFレーザー設備を追加

09.04.2019

Stabsuebergabe.jpg

経営者の交代。Friedrich-Wilhelm Wentrot の後継者として、Timm Grotheerが取締役に就任。

2019

NBI70000_15.JPG

金型構造内の砂質土コア乾燥向けピルグリムステップドライブのある間接ガス加熱式コンベヤ炉の納入。

最大 2000 リットル容量の生産向け密閉型高温壁レトルト炉の製品群を拡張。

2020

年輸出の割合75 %に拡張

2021

B6_Baubeginn_2.jpg

年工場6、3.600 m²の建造